岐阜ホームページ制作 アイ・ラボ

 

昨夜(12月12日)、NHK総合の『BIZスポ』という番組で新しいSNSとして『Google+』を話題にしていました。

Google社のBradley Horowitz氏が来日したことにともない、新たなSNSの登場を紹介する内容でした。

(Bradley Horowitz氏の談話についてはコチラを参照されるとわかりやすいと思います。)

アイ・ラボではFacebookに加え、Google+も利用していますが、以前よりGoogle+の画像ってどれも綺麗だなーと漠然と感じていました。

facebookは画像の背景が白、対してGoogle+は黒。

黒バックの画像というのは確かにより鮮明に見えるものですが、Google+の場合、少し事情が違います。

Google+にはアップロードした画像を編集する機能がついています。

これが侮りがたい機能だったのです。(尚、画像編集ができるのは自身がアップした画像のみです。)

画像を表示させると背景が黒の画面になりますので画像の左下、『写真を編集』をフリックし一番下の『クリエイティブキット』をクリックします。

 

『ブラックベリーを摘む…』などといったわけの分からないメッセージ(多分どんな画像か認識しようとしているのでしょうね)が出て暫く待つと。

 

編集画面が表示されます。

メニューを見れば一目瞭然。画像のリサイズからトリミング、細かな回転など数値指定で編集できます。

フォトショで基本的に行う色調処理も可能です。

それぞれのメニューを紹介したいのですが内容があまりに多いので説明は割愛させていただくとして、実際にGoogle+で触った画像を3点紹介したいと思います。

どれも左が元画像、右がGoogle+で触った画像です。

まずはコンパクトデジカメ(panasonic LUMIX TZ7)で撮影した画像。

もともと修正の必要が少なくフォトショで少し彩度を挙げただけの画像でしたが、コントラストと彩度、シャープさを強調してみました。

ちょっとやり過ぎの感はありますが、左に比べ鮮明になっています。

 

次に携帯(スマホ)で撮った画像(au SHARP IS-03)。

これはもう、はっきりと違いが分かると思います。

左は全体に眠い感じですが右側は赤被りも解消されすっきりしています。

この写真を撮影したときはスマホのカメラとGoogle+をリンクさせていましたので、撮影即アップと言った状態でした。

ですので左側は撮影したままの画像です。(それにしてもIS-03のカメラ機能はがっかりです。iPhoneだともっと綺麗なのに)

 

最後にお遊びを施した画像をアップ。

愛知県一宮市138タワーです。只今、クリスマスライトアップをしていますがその写真です。

傾きを直して色調を補正して、あと、おわかりでしょうか?雪が降っているのが。

雪のほかにもパターンはたくさん。基本パターンから落書き、文字の入力など。

Google+、画像にはオススメです!